ROYAL-PHOENIX of the seas(ロイヤル-フェニックス オブ ザ シーズ)

ROYAL-PHOENIX of the seas/ロイヤル-フェニックス オブ ザ シーズ

ROYAL-PHOENIX of the seas/ロイヤル-フェニックス オブ ザ シーズ
ROYAL-PHOENIX of the seas/ロイヤル-フェニックス オブ ザ シーズ

緑豊かな山々を背に、美しい瀬戸内海に面した愛媛県今治市。青空の下、太陽の光が降りそそぐ、晴天の多い穏やかな気候と、西日本最高峰の霊山、石鎚山を源流とする豊富な水資源に恵まれた、古来より綿織物の盛んな土地で、現在では、日本一のタオル産地として世界的にもその名が知られています。

楠橋紋織(くすばしもんおり)は、1950年(昭和25年)に創業以来80年余の歴史の中で、この恵まれた今治の環境のもと、独自の技術を培いながら、最上級のタオルづくりを目指し、今日まで真摯にタオルを織り続けています。

そして、今治のもう一つの重要な産業として造船が挙げられます。古くは村上水軍が名を馳せたこの地で、100年以上もの間、幾多の時代を彩った無数の船舶が製造、進水され、世界中の大海原へと旅立っていきました。

「ROYAL-PHOENIX of the seas」は、そんな今治を代表する二つの産業からインスピレーションを受けて産まれた楠橋紋織のタオルブランド。いつも身の回りにあるタオルだからこそ、最上級のものを提供したい。人々が思わず触れてしまうような、そんな魅力的なタオルを作りたい。

楠橋紋織の創業から変わらない想いを大切にしながら、この壮大な物語を通じて、今治から世界へ向けて、豊かな暮らしを旅するように紡ぎ続けていきます。

全5件